IH調理器具を長く使うためのメンテナンスや状態に合わせての対処法を知ろう!

IH調理器具を長く使うため日頃のメンテナンスに気をつけたい

トッププレートは日頃のメンテナンスが重要

IH調理器具を綺麗に保っておくメンテナンスはご自分でも出来ることです。特に実際に食材を入れるトッププレートの部分は、汚れに合わせて綺麗にしておくべき箇所ですし、収納する前にも全体的に目視してからしまう癖をつけると安心です。軽い汚れが見られるときは、水などを含ませていったんかたく絞ったふきんでふき取っていきます。その後、残った水分があれば乾いたふきんで完全に乾拭きしてから収納します。
水分がトッププレートに付着したままですと、内部の検知センサーにエラーが出ることがありますので、最後は完全に乾かすことが必要です。しつこい油汚れの場合は、ふきんに中性洗剤をしみ込ませてふき取りをして、最後はやはり乾いたふきんでの乾拭きをします。

さらに落ちにくい汚れを落としたい時

使っていた食材や調味料の関係で、さらに落ちにくい汚れがトッププレートに残っている場合もあります。その場合にはさらに強力な洗浄力を持つクリームタイプのクレンザーなどでこすり取るのも良い方法です。また市販のセラミック用のスクレーパー等を使うのも手軽なのでおすすめです。またトッププレートの材質上、お手入れには使えないものもありますので注意が必要です。酸性、アルカリ性などが強い洗剤や食酢というものはお手入れには向きません。
表面が変色してしたり、トッププレート付近の接合部分の劣化を招くことにもなります。また金属たわしやスポンジの硬いナイロン面も、プレート表面を傷つけやすいので柔らかな布、ラップを丸めて利用するなどが適しています。


シェアする

B!